スマ婚の評判を知ろう|コストを大幅に下げられる

ウーマン

ゲストにとって大切な目印

式場

披露宴や結婚パーティをする際、招待状や席次表と並んで必要となるのが、席札です。席札は座るべき席を知らせる目印ですから、ゲストが会場で最初に目にする物のひとつです。便利な既製品もありますが、手作りで工夫すれば、「ようこそ」「ありがとう」の気持ちを演出することができます。席札の良いところは、小さなものなので比較的容易に作れることと、あらかじめ個人に合わせた用意ができるところです。よくあるのが、ひとりひとりに一言ずつ贈るメッセージカード的な使い方です。簡単ですが、確実に感謝の気持ちを伝えることができます。ゲストの人数が多かったり、メッセージは苦手という場合なら、席札のデザインそのものや置き方に凝ることもできます。例えば和風の披露宴なら、千代紙で折り鶴を折って席札に添えたり、桜や梅など伝統的な花を一枝添えたりするだけでも、「和」の雰囲気をよく伝えられます。プチギフト代わりに小さなお菓子を添えておくのも、ちょっとしたおもてなしになります。あるいは、新郎新婦の趣味や好きなものにちなんだデザインにして、二人を知るゲストにクスッと笑ってもらうこともできます。席札は、アイデア次第で立派な演出のひとつになるのです。そして、席札を準備する際には、失礼のないよう気を配ることも大切です。仲の良い友人であっても必ず名前には敬称をつける、メッセージはどの人も同じくらいの長さにしておくなど、ゲストを不快にさせない配慮はきちんとしておきましょう。